統合医療

西洋医学の臓器中心、器官中心の考え方では充足できない領域があります。その領域を西洋医学だけにとらわれずに、他の治療法も導入して全体的に治していこうというのが「統合医療」です。
当院では、西洋医学的な治療だけでは効果が期待できない場合や、薬の副反応が問題となる場合、西洋医学では対応できない慢性疾患などに対して、漢方、鍼灸治療、ホメオパシー、オモトキシコロジーなどを用いています。

漢方

漢方は日本古来の治療法で江戸時代に急速の発展を遂げましたが、明治維新以降、西洋医学の発展に伴いその座を明け渡す形となりました。しかし、現在に至って、西洋医学だけでは補いきれない領域も出てきており、漢方薬の見直しがされてきています。当院では、エキス剤のみ使用していますが、漢方薬単独で用いる場合もありますし、西洋医学的な薬剤と併用する場合もあります。漢方薬は体全体のバランスを整えていく治療法ですから、慢性疾患には非常に有効性があると考えています。慢性の消化器疾患、アトピー性皮膚炎、腎疾患、肝疾患など幅広く用いていますが、最近は動物の精神神経系疾患にも効果が見られています。

鍼灸

針灸治療は、中国古来からの治療法で、約4000年の歴史があると言われています。日本においても古くから普及していますが、西洋医学的に実証できない等の理由から非科学的と考える方がみえるのも事実です。しかし、現在、針灸学は国際化し、特に獣医界ではアメリカで発展し日本は遅れをとっています(もちろん中国が最先端であることは言うまでもありません)。針灸治療は、まだ解明されていない部分も多くありますが、私は効果的であると考えております。当院では、運動器疾患の痛みのコントロール、神経機能の回復、全身のバランス調整などに用いています。

ホメオパシーとホモトキシコロジー

古典的ホメオパシーはハーネマンによって始められました。基本原理は「類似物質の法則」という考えに基づいていす。患者の症状ともっとも似た症状を引き起こすことができる「ある物質」をその患者に投与することによって患者の自然治癒力を高め、治癒するという法則です。ただし、ホメオパシーの場合、「ある物質」をそのまま用いるのではなく、何千倍にも希釈・振盪した物を用いますので、副作用の心配がありません。ここまで希釈・振盪しますと効力がなくなってしまうように思いますが、「ある物質の濃度が低いほど、生物に対して好ましい効力を発揮するようになります」。これは「ホルメシス効果」と呼ばれ、現代医学においても認知されつつあります。
ハーネマンは各患者と病気に最適な一つの薬剤を見つけ出すことに尽力し、複数の薬剤を使用することを拒みました。
ホメオパシーのレメディーは3,000種類以上あります。植物、動物、昆虫、鉱物、化学物質、花粉など色々な物からレメディーは作られています。この中から一つを見つける作業(レパートリージェーション)は大変で、また動物は会話ができないためにより障害となっていました。そこで、ホモトキシコロジーの生みの親であるケベック博士は、病気ごとにそれらの薬剤像に一致する、より多くのレメディーを組み合わせた複合製剤を作りました。このにより大変なレパートリージェーションという作業がなくなっただけではなく、作用の強化も達成したのです。しかし、レパートリージェーションがうまくあった場合のホメオパシーの効果すごい物がありますので、両者の長所を生かして併用していくことが、最大限の治療につながると思います。
当院では、ホメオパシー、ホモトキシコルジーともに西洋医学と併用して積極的に使用して、生体に優しい治療を目指します。特に、抗がん剤を使用しない癌に対する免疫療法、ステロイドを使用しないアトピー性皮膚炎の管理など西洋医学的には重度な副作用が問題になるケースの代替療法として有効です。また、慢性の関節疾患、猫の慢性腎臓病、自己免疫疾患などで優れた効果が見られています。

トップへ

夜間動物緊急診療所

トップへ